ワキガってうつるって本当?服の洗濯でうつる噂の真実

わきがの嫌な臭い(におい)……あまりに強烈過ぎて、「周囲の人に伝染(うつ)るのでは」と心配する人もいます。

ワキガは体質です。その体質が伝染ることはありません。ただし、ワキガの人の周辺には、やはりワキガの臭いをさせている人が結構な確率でいます。その理由を知っておくと、伝染らないと理解できるでしょう。また、自分自身がワキガの臭いを出すことも減るはずです。

ワキガってうつるの?洗濯でワキガがうつることってあるの?

汗には2種類あります。エクリン腺から出るほとんが水分のものと、アポクリン腺から出るたんぱく質や脂肪が混ざっているものです。わきの下からアポクリン腺による汗が人よりも多めに出て、たんぱく質が分解されて別の物質になり、嫌な臭いを発するのがワキガです。別名は腋臭症(えきしゅしょう)です。

ワキガの人と接触したり、一緒に住んで同じ生活パターンであるからといって、自分の方もアポクリン腺の活動が活発になることはありません。これは体質、つまり生まれつき決まっているものです。ワキガの細菌やウイルスがあるわけではなく、インフルエンザやチフス、赤痢のような伝染病でもありません。

ワキガの臭いが移るパターン

それでもワキガが伝染ったように感じることがあります。それはワキガのそのものが伝染ったのではなく、「ワキガの臭いが移った」と考えていいでしょう。あなた自身が臭いの発生源ではありません。

この場合のよくあるパターンは次のとおりです。

・ワキガの人の服をもらったり借りたりして着た。あるいは、ワキガの人に貸していた服を返してもらった。

この場合、普通は洗濯をすれば気にならない程度にまで臭いは取れるはずです。特に過炭酸ナトリウムが主成分になっている酸素系漂白剤を使えば効果が高いです。それでもだめで、あきらめがつかない場合は、クリーニング店で相談してみましょう。

・ワキガの人の服と一緒に洗濯をした。

繊維は臭いを吸着しやすいです。普通はそれも洗剤や漂白剤を使って洗えば臭いは落ちるものです。しかし、中には一緒に洗濯槽に入れて洗ったために、ほかの人の衣類にまで臭いが移ることがあります。この場合は、ワキガの人の分とそうでない人の分はわけて洗うようにするぐらいしか手はありません。

もちろん、これは「ワキガの細菌がほかの人にまで感染するのを防ぐ」というためのものではありません。あくまで臭いだけの問題です。

・ワキガの人と一緒に住んでいる。

ワキガの臭いは衣類に限らずいろいろなものに移ります。日常生活の中で特に問題になるのがタオル類です。ワキガの人が使っているものを共有することでそのタオル類などを通して臭いが移ってしまうのです。場合によっては家具類も要注意です。イスのように常に触れるようなものを共有していると、はやりそれを通して臭いが移る可能性があります。

この場合は原因となっている人にしっかりと治療してもらうぐらいしか方法はないでしょう。また、そうしないと普段の生活が不快なものになってしまいます。

ワキガって急になることってある?

ワキガの体質を持っている人は思春期に発症する

少し前までワキガではなかったのに、急にわきの下から臭いが出始める場合があります。しかし、これは多くの場合、もともとワキガの体質だった人が一定の年齢に達して、ワキガが発症しただけです。

その一定の年齢とは、思春期です。ワキガの臭いはフェロモンともかかわっていると見る専門家もいるぐらい、性的な成熟とつながりが強いです。性ホルモンの分泌が盛んになると、アポクリン腺の活動が盛んになり、たんぱく質や脂肪を含んだ汗の量も増えるのです。

このときに身近にワキガの人がいると、その人から移されたように見えるかもしれません。また、身近にワキガの人がいる可能性も高いです。というのは、ワキガは遺伝します。両親のうちの片方だけがワキガでもその子どもがワキガになるのは50パーセント、両親ともならば80パーセントとされています。

これも生まれついたときにはもう決まっているので、やはり伝染ったというものではありません。

ワキガは治るの?

2種類ある汗腺のうち、エクリン腺から出る汗は体温の調整に深くかかわっています。気温や湿度、体を動かす・動かさないで出る量は変化します。それに対し、アポクリン腺から出る汗の量はほぼ一定で、しかも常に出ます。自分の注意で減らすことができるようなものではありません。体質的にアポクリン腺から出る汗が多い人は多いままです。

なので、ワキガの抜本的な治療は切開手術でアポクリン腺を取り除くしかありません。それ以外では、レーザー光や超音波振動を与えることで、アポクリン腺を破壊する方法もあるものの、効果が十分ではないのが現実です。

塗り薬もあるにはありますが、効果は一時的で、ワキガ自体が治るものではありません。

ワキガのおすすめ対策

ワキガ対策の一番はもちろん切開手術をしてアポクリン線を取り除いてしまうことです。「アポクリン腺はフェロモンとかかわっている」というのも完全な定説にはなっておらず、またそれ以外の役割もないとされています。取り除いても特に困ることはないでしょう。

先に挙げたほかの治療方法もいずれも病院で受けるものです。自分でできる対策もあるものの、一般的な体臭の場合とほとんど異なるところはありません。とはいえ、これを実践することで、ワキガにプラスされている通常の体臭を減らすことができるので、仮にワキガ自体に大きな変化がなくてもやる意味はあります。

・わきの洗い方を見直す

早い話が「清潔を保つ」ということです。風呂やシャワーの頻度も増やし、出てしまった汗はしっかりと洗い流し、垢(あか)などの汚れもためないようにします。腋毛(脇毛)をそるか脱毛するのも有効です。皮膚がつるつるになり、汗や雑菌が付着する場所がなくなります。

・服の素材に気をつける

合成繊維は汗をあまり吸わず、臭いもつきやすいです。木綿や麻などの天然素材ならば汗を吸ってわきの下の湿り気もなくなりやすいので、臭いが発生しにくいです。

・食生活を改善する

ワキガの臭いを悪化させやすい食材は、肉などの動物性たんぱく質、乳製品、油ものなどです。皮脂が増えるだけはなく、アポクリン腺からの汗の量も増やしてしまいます。

・制汗剤を使う

一般的な制汗剤でも使わないよりもはるかにいいです。血管を縮めることで汗が出にくくするだけではなく、雑菌を押さえ、臭いの成分を分解する作用を持っているものが多いです。ワキガ用の製品のものならば効果は一層強力です。ただし、その分副作用もあります。常用したり、長く買うのには注意が必要です。

すそワキガってうつるの?

すそワキガとは

すそワキガとは、股間がワキガの状態になっているものをいいます。アポクリン腺からの汗が分解されて臭っているいることや遺伝による体質によって決まることは変わりありません。

ただし、ワキガだからといって必ずしもすそワキガになるわけではありません。というのは、アポクリン腺の分布の仕方には個人差があるからです。

臭いとしてはスソワキガのほうが深刻になりがちです。というのは、股間のほうが湿り気が多く蒸れて雑菌が繁殖しやすい上に、女性の場合はおりものの臭いまで加わることが多いからです。

対策としてはワキガ同様、アポクリン腺を取り除くなどの方法があります。

また、面積は狭いとはいえ、乳輪がワキガ状態になる人もいます。この場合は特に乳輪ワキガや、ちちがと呼ぶことがあります。

まとめ

ワキガが自分で対応しきれるのは、症状が軽い場合だけです。また、悪臭の原因を自分で判断してしまって、ワキガではないのにワキガだと悩んだり、逆にほかに原因があると思って、間違った対応をしてしまう場合もあります。

また、ワキガや体臭はほかの人の迷惑になるだけではなく、人間関係までおかしくすることが珍しくありません。尋常ではない体臭に気がついたならば、まずは専門家に見てもらい対策を相談したほうがいいでしょう。病院に行ったからといって、必ずしも手術ではありません。そこで臭いが取れやすいわきの洗い方や、おすすめの制汗剤を教えてもらうといったことで役に立つことも多いのです。