足の臭いを抑えるにはどうしたら?安心して靴を脱ぐために

 

お座敷にあがったり、靴を履き替える時に足の臭いが気になることがありますね。
自分だけなら臭いなで済みますが、人がいるところでは気まずい思いをすることもあるでしょう。
安心して靴を脱ぐためには、足の臭いを抑える必要があるので対策方法をチェックしておきましょう。

臭いの原因となる菌の繁殖を抑える

靴や靴下の蒸れや指の隙間の汚れなど、足の臭いの原因はいくつかありますが大元の原因は菌です。
そもそも、エクリン汗腺から分泌される汗自体には臭いはありません。
それなのに足が臭くなるのは、皮膚に存在している常在菌が原因物質を作るからです。

黄色ブドウ球菌や悪玉菌などの常在菌は、皮脂や汗に含まれるアミノ酸が大好物です。
湿気が多い状態だと活発に活動するので、皮脂や汗を餌にしてどんどん増殖して、たくさんの臭い物質を分泌します。

つまり常在菌の繁殖を抑えれば足の臭いも抑えられるのですね。
そのためには、通気性の良い靴を履いたり靴下をこまめに取り替えたりするのが一番です。
会社ではサンダルに履き替える、可能な場合は靴を一時的に脱いで蒸れを防ぐなどの方法もおすすめです。

どうしても臭う時にはグッズに頼る

足が蒸れないように努力をしても、どうしても臭いが取れないということもあるでしょう。
そんな時にはグッズに頼るのも一つの方法です。

★殺菌作用があるデオドラントクリーム
★消臭効果がある靴下
★殺菌成分が入った薬用ボディソープ
★体臭を緩和する介護用洗剤

このように、臭いにアプローチするアイテムはいろいろあるので取り入れてみるといいでしょう。
グッズの中でも、一番効果が期待できるのがデオドラントクリームです。

足専用のデオドラントクリームは、殺菌効果がある成分が配合されています。
またクリームタイプは汗に強いので効果が長続きしますから、気になる臭いもしっかり防いでくれます。

強烈な足の臭いにクリアネオはどれくらい効果が期待できるのか

 

靴のお手入れも忘れずに

いくら菌の繁殖を抑えても、靴自体に雑菌が住み着いていたら臭いを防げません。

1日履いた靴の中は蒸れた状態なので、菌にとってはとても住み心地が良い環境になっています。
しかも通気性が悪いですから、一晩では乾かないため、毎日履いているとどんどん菌が増えてしまいます。
この状態ではいくら足を清潔にしても、靴を履くたびに菌が足や靴下に移ってきます。
ですので毎日同じ靴を履かない、靴用の消臭スプレーを使うなど靴の菌の対策もしておきましょう。

まとめ

臭いというのは消臭すれば消えますが、その効果は一時的なものでしかありません。
根本から消すには臭いの元からケアすることが重要です。
足を清潔にしてデオドラントクリームなどで菌の繁殖を抑えれば、気になる臭いから解放されるので今日からケアを始めましょう。

↓↓公式サイトはこちら↓↓
接近OK