学生でもすぐ始められるワキガ対策・思春期の悩みを解消しよう

思春期は体に大きな変化が訪れる時期ですが、ワキガ臭が強くなるのもこの時期です。
多感な思春期にワキガに気づく中高生は多いものの、家族にも相談しづらく一人で悩みを抱えることが少なくありません。
ここでは、なぜこの時期にワキガに悩まされるのか、どうすれば対策できるのかについてまとめてみました。

思春期の学生にワキガの悩みが多い理由

アポクリン汗腺からの分泌物が原因となるワキガは、思春期に突然ニオイを感じることが多いようです。
とはいえ、この時期にアポクリン汗腺が急激に増えるわけでなく汗腺の数は生まれつき決まっています。
しかし、どのくらい汗が分泌されるか、分泌物のニオイがきついかなどは年齢や生活習慣、ホルモンバランスに左右されます。
身長が伸びたり思春期特有の成長を遂げる時期は、アポクリン汗腺の活動も不安定です。
そのため、急にニオイが強くなったり弱くなったりすることもあります。
アポクリン汗腺からの汗を上手くコントロールすることが、ワキガ対策の第一歩になるでしょう。

新陳代謝が活発で汗をかきやすい

10代の子供は新陳代謝が活発なため大人よりも汗をかきやすいものです。
ほとんどニオイのないエクリン汗腺からの汗であればワキガほどひどい悪臭になることはありません。
しかし、汗の量が多いとワキガ臭の混じった汗が広範囲に広がることもあります。
エクリン汗腺からの汗もそのままにすると体臭に変わるため、ワキガ臭が強くなったように感じられることもあるでしょう。

制服にニオイが残りやすい

大人であれば外出時の洋服を毎日変えることができますが、学生は基本的に同じ制服を着続けます。
ワキガのニオイは洋服に移ってしまうと洗濯しても取れにくいものです。
ましてやシーズンごとのクリーニングしか行わない制服であればニオイが残ったままということになります。
中に着るシャツやブラウスを変えても上着にニオイが付いていると同じことです。

お洒落に関心を持ち始める

中高生頃に身だしなみやお洒落に気を使い始めることもワキガを必要以上に気にしてしまう理由です。
体臭があるのは身だしなみができていないと考えてしまい、ちょっとした体臭にも敏感になります。
周囲の人がニオイをどう感じているのか気になり出すと、それがストレスになってさらに汗をかきやすくなります。
緊張した時の汗はニオイが強くなりがちで、ワキガへのコンプレックスがさらに症状を悪化させていると言えるでしょう。

ワキガを放置するとどうなる?

ワキガは病気ではないため治療しなくても健康面に影響を与えることはありません。
ただし、何の対策もしないで放置するとニオイが原因で精神的に不安定になることはあるかもしれません。
ワキガは遺伝の確率が高い体質ですが、親がそれほど悩んだ経験がなければ子供の気持ちもわかりづらいでしょう。
しかし、両親或いは親の片方がワキガでも、ニオイはデリケートな問題なので相談しないことも多いと考えられます。

いじめの対象になることも

ワキガのニオイを嫌う人が多いのは事実で、ニオイのせいで周囲の人から距離を置かれる可能性もあります。
直接、ワキガを指摘することはなくても自然に仲間外れのような感じになることもあるでしょう。
それがエスカレートするとイジメの対象になることも考えられます。
思春期の子供はとかく自分と違う点に敏感で、良いことも悪いことも攻撃対象にしがちです。
イジメに関しては学校でも様々な対策を取っているでしょうが、現実問題としてなくならないのも事実と言えます。

ニオイのせいで消極的になる

本人がニオイに気づいている場合、何に対しても消極的になってしまうことがあるかもしれません。
人と上手く話せなかったり、他人といることに苦痛を感じ始めると不登校になることもあります。
自分でも恥ずかしいことだと感じていることも多く、家族や友人に相談する子供は少ないようです。
大人からすれば理由もなく不登校になっているとしか思えず、強引に学校に行かせようとして追い詰めることになりかねません。

学校生活に影響が出る

ワキガを気にし過ぎて勉強が手につかなくなり、急激に成績が落ちることもあります。
部活にも専念できず、これまでと全く性格人が変わったようになる子供もいるでしょう。
高校受験、大学受験の時期にワキガの悩みを抱えていると人生の中でも大事な時期に影響を与えることになります。
そのため、学生のワキガについてはできるだけ早めに正しい対策を取ることが重要です。

学生でもできるワキガ対策

学生のワキガ対策の基本は大人と同じで汗と雑菌の繁殖を防ぐことです。
汗をかいたらすぐに拭き取る、シャワーだけでなく湯船に使って汚れをしっかり落とすといったことにも気をつけましょう。

デオドラントでニオイを防ぐ

制汗剤やデオドラントは種類も豊富で効果の高さや肌質に合わせて選べます。
この時に大事なのは、ワキガ専用のものを選ぶことです。
汗臭さを抑えるためのデオドラントでは持続時間が短かったり、効果があまり感じられないこともあります。
ドラッグストアや薬局などでワキガ専用の制汗剤やクリームは買えますし、通販などでも販売されています。
また、手軽に買える重曹やミョウバンなどをお風呂に入れるだけでもワキガ対策が可能です。
デオドラントとニオイを抑えるための入浴方法を併用すれば、汗の量が多い思春期でもニオイが軽減できるでしょう。

生活習慣を変えてワキガ対策

若い頃は肉ばかり食べていたという人もいると思いますが、思春期の子供は野菜よりも肉食が多くなりがちです。
しかし、こうした食生活を続けることでワキガのニオイが強くなることもあります。
生活習慣の見直しはニオイの発生そのものを抑えるための大事な対策の一つです。
★好き嫌いをなくす
★肉と野菜をバランス良く食べる
★甘い物を控える
★夜更かししない
生活習慣を変えるワキガ対策には即効性がないため、すぐに悩みを解消できるわけではありません。
しかし、ワキガ体質でもニオイを気にせずに生活するためには大切なことです。
また、体質を少しずつ変えていくことで、大人になってからのワキガの悩みも軽減できるはずです。

思春期のワキガ手術はデメリットが大きい

すぐにニオイを消す方法としては外科的な手術も選択肢の一つです。
ただし、費用が高額ですし傷跡が残る可能性もあるため思春期の学生にはお勧めできない方法とも言えます。
まずは生活改善やデオドラントなどで対策を取り、手術は最後の選択肢として残しておいた方が良いでしょう。

親の精神的なケアが重要

ワキガだからといって全ての子供が消極的になったり、学校生活に影響が出るわけではありません。
ニオイとどう向き合っていくか、精神的な支えになるのが親の存在です。
誰にでも体臭はあることやワキガは病気ではなく、対策すればニオイが消えることを話し合うのも良いでしょう。

まとめ

思春期になってワキガを気にし始めるケースは多く、悩みを抱えたせいで学生生活に支障が出ることもあります。
しかし、ホルモンバランスが整い成長期を終えた頃にはニオイが軽減される可能性も残っています。
ワキガが悪化しやすい生活習慣を改め、デオドラント剤などで対策を取れば悩みを解消することも可能です。
基本的な対策は大人と同じですが、精神的なサポートが必要な点が思春期のワキガの特徴の一つとも言えるでしょう。